×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

速効口臭対策のために口臭の根本原因をつきとめる 

口臭予防をするためには、口臭の原因をまず考えなくてはいけませんが、自分の口臭が気になり始めたら、歯周病や歯肉炎、虫歯、歯槽膿漏、親知らずなどがないかチェックしてみましょう。歯槽膿漏や歯肉炎、虫歯、親知らずなどがあると、歯と歯の間に隙間ができてしまい、その隙間に口臭の原因となる食物のカスなどが溜まっている場合があります。初期段階の歯肉炎は歯肉に炎症(赤く腫れる)がある状態です。歯と歯の間や歯と歯肉の隙間に蓄積した歯垢や歯石がもとで歯肉炎は発症するそうです。このような原因が思い当たる人は歯科にて治療をうけると口臭の原因因子をを直接解消することができます。
また、定期的に歯科に行ってヤニや歯石を取ってもらうことが大切です。特に普段から喫煙をしている人は吸わない人に比べると、どうしても歯石が溜まりやすく、ヤニも付着してしまうので、口臭を引き起こしやすいといえます。
入れ歯をしている人は長い年月が経つにつれ、徐々に入れ歯のサイズが合わなくなり、隙間ができることによって歯垢がたまりやすくなります。この歯垢というものが溜まると口臭の原因になりますから、入れ歯は普段から洗浄剤などを使って清潔を保つ事はもちろん、サイズが合わなくなってきたら歯科に相談をしましょう。
口臭は、鼻や喉の病気、糖尿病などの病気が原因で起きるときもありますが、9割以上は口内に原因があります。剥がれ落ちた細胞や歯茎から出た血が舌の表面に付着し、それを細菌が分解しできる白い舌苔(ゼッタイ)も口臭の大きな原因の一つです。舌苔から硫黄成分等を含む腐敗臭があるガスが発生し、嫌な口臭発生となる関係があるようです。

スポンサード リンク

口臭予防と口臭を抑制する方法

口臭は老若男女問わず、非常に深刻な悩みの1つです。気になる自分の口臭の症状のために、人と会話ができない、いつも手で口を隠して話すということで、日頃のコミュニケーションが不自然なものになっている人もいます。
口臭予防には様々な方法がありますが、まずは自分の口臭がどの程度なのか口臭チェッカーなどで調べてみるといいでしょう。市販で売られている口臭チェッカーは、息を吹きかけるだけで自分でも簡単に口臭の程度を知ることが出来ますから、その結果を見てから口臭予防をしてもいいかもしれません。
口臭チェックは、朝起きてすぐのときが1番臭いがきつい時ですから、ビニール袋などに息を吹きかけてにおいを嗅いでみてもいいでしょう。
洗口剤の市場規模は2004年以降成長を続けています、2007年では金額ベースで210億円(インテージSRIデータ)にまで成長しているそうです。また、洗口剤に期待する効果の中で「歯周病予防」は上位にあげられ、「歯周病予防」を期待する人は「口臭予防」への期待も高いことがわかっています。またライオンさんでは、殺菌成分「IPMP」と「LSS」が“歯周ポケット”の奥にひそむ「歯周病菌や口臭原因菌の巣(バイオフィルム)」の内部まで浸透して徹底殺菌するという、歯周病と口臭を予防する洗口剤として「デンターシステマEXデンタルリンス」を2月21日から発売しています。

普段の生活習慣と口臭対策の関係とは!? 

口臭の根本解消にはまず、口臭を起こしやすい体質を改善することから始める必要があります。口臭を起こしやすい体質になる生活習慣(原因)として、酒の飲みすぎ(多量の飲酒)や喫煙、睡眠不足、栄養の偏った食生活など、が上げられます。口臭予防のためにはまず、不規則な生活を改める必要があります。
口臭予防に多量の飲酒が良くない理由としては、アルコールというのは摂取した後に体の中の血液を循環して、肺を経由した後に臭いとして吐き出されるので、いくら念入りに歯磨きをしても口臭の対策にはならないのです。にんにくなど臭いのきつい食べ物を摂った後も口臭がきつくなりますが、飲酒と共に一時的なものなので、さほど心配する必要はないですが、デートの前などに口臭予防したいなら、前日に多量の飲酒をしたり、にんにくなどを摂ることは避けたほうがいいでしょう。
口臭予防として、睡眠不足の解消も重要です。睡眠不足になると、口内の唾液量が減少し、結果として雑菌が繁殖しやすい条件ができ、口臭を発生させやすい状態になります。また、口臭予防のために唾液の分泌を促すためには栄養バランスの取れた食事を心がけ、朝食もきちんと食べて唾液の分泌を促すことが必要です。
また口臭予防として効果的なのは舌磨き。毎朝、口臭の原因となる舌苔(ゼッタイ)を除去することです。ただし、歯ブラシでの舌磨きは、舌の表面を傷付けてしまうことがあり、口腔内環境を悪化を助長させてしまうことになるのでおすすめできません。口臭予防としての舌苔(ゼッタイ)除去専用の「舌ブラシ」を使いましょう。
また、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、お口の中をすみずみまできれいにしておくことも口臭ケアには必須です。
口臭予防には、漢方薬の中にも効果があるものがあります。口臭予防に効果のある漢方薬としては、加味逍遙散、黄蓮湯などがあるそうです。口臭予防のために漢方薬を用いる場合は、口臭の程度やそのときの体の状態によっても効果の差がでてしまうので、必ず販売しているお店の専門家と相談をしてから購入するようにしましょう。

Copyright © 2008 口臭を消す!口臭原因と速い効果の根本対策